Regends townball of spstokai


野球の始まり、タウンボール

ベースボールの歴史

タウンボールの風景

sepiatownball.jpg アメリカの国技、ベースボール。日本でも最も人気のあるスポーツの一つ、野球。そのルーツは、英国発祥のクリケット。それがアメリカに渡り、タウンボールとなり発展し、1845年、ベースボールが誕生した。
クリケットの起源は13世紀頃。羊の放牧地での遊びが基であった。一人が放牧地に石を投げ込み、一人が板でその石を防ぐ遊びが、いろいろな形で発達していき、多くの人が楽しめるようになっていった。やがて、1600年頃には現在のクリケットに近いものとなり、1700年代には貴族や富裕層により多くのクリケットクラブが作られた。当時、世界一の帝国を築きつつあった英国。クリケットに騎士道の精神も融合され、若者の心身鍛錬のために奨励された。こうして、クリケットは紳士のスポーツとしての地位を確立し、騎士道の精神はスポーツマンシップへと継承されていった。
英国からの移民とともにクリケットは、アメリカに渡った。当時のアメリカは、町ごとに議会がおかれ、直接民主制で町の運営が行われていた。その議会の前後にクリケットを簡略化したゲームが行われるようになり、町の重要な親睦の場にもなっていった。そのゲームは、タウンボールと呼ばれるようになり、屋外でプレーでき、みんなで楽しめるレクリエーションとして広がっていった。
1800年代、農業国から工業国へと発展していったアメリカ、工業従事者の余暇として、タウンボールはさらに親しまれていった。ボストン、フィラデルフィア、ニューヨークといった大きな街で、1830年ごろルールが統一されるようになった。一方、都市化とともにさまざまな社会問題も起こるようになり、ボランティアの消防団を作ろうとした、カートライト氏によって、1845年、初めてのクラブチーム、ニッカボッカーズが結成された。彼と仲間の手によって、ルールも工夫され、熱狂的な愛好者が増えていった。このときが近代ベースボールの始まりとされている。
1858年、ベースボールの父と呼ばれる、ヘンリー・チャドウィックによってルールブックが作成され、その後の、南北戦争を通じて、ベースボールは西部、南部にも広がり、各都市にいくつものベースボールクラブが生まれていった。そして、1869年(明治2)、シンシンシナティに初のプロ球団が設立され、各地を転戦、全勝を果たし、街の人の誇りとなった。それに続き、各都市にもプロ球団ができていった。やがて、プロ野球リーグが設立され、ナショナル・アソシエーションを改革改善したナショナルリーグが1876年に発足し、現在に至っている。アメリカンリーグが正式に承認されたのは1900年。そして、ワールドシリーズが行われるようになったのが1903年のことである。初代チャンピョンはボストンレッドソックスであった。

野球の歴史

日本のプロ野球

nitibei.JPG ベースボールの日本伝来は1873年(明治5)頃であった。日本にやってきたアメリカ人教師や、アメリカ留学から帰国した日本人によって伝えられ、学生野球として徐々に広まっていった。やがて、第一高等学校(東大)、早稲田、慶応などの間で交流戦も行われるようになり、ベースボールは憧れのスポーツとなっていった。1896年(明治29)、一高が横浜の外国人チームを破ったことが、話題となりベースボール熱は高まっていった。子供たちは手製のバットやボールで遊び、ベースボールは『打球鬼ごっこ』『底球』と呼ばれ、親しまれていった。一方、『野球』という名前は、庭球(テニス)と区別するため、ball in the fieldの『field(野原)』から、一高の野球部員によって、名付けられた。
1915年(大正4)朝日新聞主催で全国中等学校優勝野球大会が開催。1924年(大正13年) 毎日新聞社が全国中等学校選抜野球大会を開催。この年、甲子園球場が落成した。また、早慶のOBらによってプロ球団設立の情熱が高まり、1920年(大正9)日本運動協会が発足し、プロ野球の前身となった。そして、1934年(昭和13)現巨人、1935年現阪神、1936年現中日、旧阪急が設立された。


MLB各球団が“史上最高の4選手”を決定、イチローは日本人唯一マリナーズで選出

sepiaイチローアーロンベーブルース歴代4位.jpg

Regends

fieldofdreams.JPGroogeric.JPGbabroos.JPGahron.JPGtaicba2.JPGtaicab.JPGjoe dhinagio.JPGredsox.JPGmicky mantor.JPGrian.JPGmadax.JPGlarkin.JPGsawamura5.JPG

Hystorical Website

nitibei.JPGsawamura.JPG

to top pagetokai-blackwhite-logo.jpg